北のいつくしま弁天宮

利尻島の西海岸、仙法志エリアにあり、「寝熊の岩」「人面岩」とセットで観光する人が多く立ち寄る観光スポット。この弁天宮は、その昔、嵐で岩に打ち砕かれそうになった弁財船を弁天様が救い、そのご加護に感謝した海の男たちが弁天宮を建てたといわれています。また、弁天宮が建つ「龍神の岩」にもいわれがあります。詳しくは、伝承の地に立ち、その由来をご覧ください!
施設名 北のいつくしま弁天宮
住所 〒097-0311 北海道利尻郡利尻町仙法志久連
駐車場 なし
北のいつくしま弁天宮
北のいつくしま弁天宮
北のいつくしま弁天宮

そのほかのニュース

  • 利尻富士温泉プール 湯泳館

    利尻富士温泉プール 湯泳館

    全てのプールで、地下1,500mから湧き出る豊富な温泉水を使用!温泉効能と水中運動の相乗効果で、カラダをリフ…鴛泊エリア詳しく見る
  • 長寿の泉水

    長寿の泉水

    江戸時代の探検家である間宮林蔵(まみや りんぞう)が利尻島を訪れた際にこの湧き水を飲み、「長寿乃泉水(ちょう…鴛泊エリア詳しく見る
  • 姫沼

    姫沼

    姫沼は、標高130mに位置し、周囲約800m、深さ約2mの人造湖です。淡水魚の漁業奨励のため、1917(大正…鴛泊エリア詳しく見る