ウニ種苗生産センター

雑食性であるウニの味は何を食べて育つかが重要!良質で豊富な利尻昆布を食べて育つ利尻のウニは味の評価が高く人気です。反面、ウニは採りやすく資源量の変動が出やすい生き物。島では様々な制限を取り決め、安定した水揚げを得る努力をしています。養殖にも力を入れており、その拠点となるのがウニ種苗生産センター。親ウニを採り、採卵・受精した後、チビウニを海に放流できる大きさまで育て、島の沿岸へ放流しています。昆布を餌にするので昆布が枯渇しないようにウニと昆布のバランスを考えた放流、放流後の育成状況の確認、ウニの天敵ヒトデの駆除なども行っています。
施設名 ウニ種苗生産センター
住所 〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形種富町102
電話番号 0163-84-3599
営業時間 8:30〜17:30
営業期間 通年
定休日 土曜、日曜、祝日
駐車場 あり
備考 観光客や一般の方へのガイドや、小学生などの体験学習受け入れもしています。詳しくはお問合せください。
ウニ種苗生産センター
ウニ種苗生産センター
ウニ種苗生産センター

そのほかのニュース

  • 姫沼

    姫沼

    姫沼は、標高130mに位置し、周囲約800m、深さ約2mの人造湖です。淡水魚の漁業奨励のため、1917(大正…鴛泊エリア詳しく見る
  • 利尻富士温泉保養施設

    利尻富士温泉保養施設

    年間およそ6万人が訪れる、利尻島の名湯。地元では子どもから高齢者まで、ほとんどの島人がこの「利尻富士温泉」を…鴛泊エリア詳しく見る
  • 麗峰湧水

    麗峰湧水

    雄大で麗しき峰(やま)からの恵みの水として、「麗峰湧水」と名づけられました。この湧水は、利尻山に降った雨水や…仙法志エリア詳しく見る