会津藩士の墓(種富)

文化年間の1807年、幕府の統治下に置かれていた利尻を、ロシア艦隊が襲撃するという事件が起きました。幕府はすぐに会津藩に北方警備を命じ、会津藩は約250人の藩士を派遣しましたが、ロシアとの直接的な武力衝突はありませんでした。しかし、当時の利尻の厳しい自然環境と食料の不足などから、何人かの藩士がこの地に骨を埋めることになってしまいました。利尻島には沓形字種富町、鴛泊字栄町、鴛泊字本泊の3カ所に墓が残されています。種富駐輪駐車公園敷地内の墓に眠る2人は、カラフト警固を終えた帰りの船で亡くなりました。
施設名 会津藩士の墓(種富)
住所 〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形種富町
駐車場 あり
備考 種富駐輪駐車公園敷地内に公衆トイレあり。
会津藩士の墓(種富)
会津藩士の墓(種富)
会津藩士の墓(種富)

そのほかのニュース

  • カルチャーセンター&リップ館

    カルチャーセンター&リップ館

    利尻富士温泉保養施設、利尻富士温泉プール湯泳館の隣にあるカルチャーセンターでは、絵画や彫刻などの美術品のほか…鴛泊エリア詳しく見る
  • 利尻島 ファミリー キャンプ場ゆ〜に

    利尻島 ファミリー キャンプ場ゆ〜に

    「利尻富士温泉保養施設」向かいにあるキャンプ場。キャンプ場周辺には、利尻島で最初のヒトの痕跡として石器が発見…鴛泊エリア詳しく見る
  • 南浜湿原

    南浜湿原

    利尻山を映す「メヌウショロ沼」を含む全長約1kmの遊歩道が整備されており、植物が群生する場所まで行くことがで…鬼脇エリア詳しく見る