会津藩士の墓(種富)

文化年間の1807年、幕府の統治下に置かれていた利尻を、ロシア艦隊が襲撃するという事件が起きました。幕府はすぐに会津藩に北方警備を命じ、会津藩は約250人の藩士を派遣しましたが、ロシアとの直接的な武力衝突はありませんでした。しかし、当時の利尻の厳しい自然環境と食料の不足などから、何人かの藩士がこの地に骨を埋めることになってしまいました。利尻島には沓形字種富町、鴛泊字栄町、鴛泊字本泊の3カ所に墓が残されています。種富駐輪駐車公園敷地内の墓に眠る2人は、カラフト警固を終えた帰りの船で亡くなりました。
施設名 会津藩士の墓(種富)
住所 〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形種富町
駐車場 あり
備考 種富駐輪駐車公園敷地内に公衆トイレあり。
会津藩士の墓(種富)
会津藩士の墓(種富)
会津藩士の墓(種富)

そのほかのニュース

  • 長寿の泉水

    長寿の泉水

    江戸時代の探検家である間宮林蔵(まみや りんぞう)が利尻島を訪れた際にこの湧き水を飲み、「長寿乃泉水(ちょう…鴛泊エリア詳しく見る
  • 神居海岸パーク

    神居海岸パーク

    漁師さんと同じ方法でウニを採る「うに採り体験」、最高級の利尻昆布一本を余すことなく使いお土産として持ち帰るこ…沓形エリア詳しく見る
  • 沓形大火記念碑

    沓形大火記念碑

    昭和39年、沓形市街地の大半を焼失する大火がありました。大きな犠牲を忘れないため、沓形市街地の交差点脇にある…沓形エリア詳しく見る