長寿の泉水

江戸時代の探検家である間宮林蔵(まみや りんぞう)が利尻島を訪れた際にこの湧き水を飲み、「長寿乃泉水(ちょうじゅのせんすい)」と命名したと言われています。以前は、水が湧き出ている敷地の人が利用していましたが、島民や観光で訪れる人たちにも飲んでもらおうと、一般開放されました。
施設名 長寿の泉水
マップコード 714 523 814*74
住所 〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊港町(旅館雪国敷地内)
駐車場 なし
備考 「旅館 雪国」の敷地内にあります。
長寿の泉水

そのほかのニュース

  • 交流促進施設どんと

    交流促進施設どんと

    郷土資料室(図書館)のほか、大ホール、舞台、調理室、体験学習室、陶芸室などを備える、利尻町民が集う公共施設で…沓形エリア詳しく見る
  • カルチャーセンター&リップ館

    カルチャーセンター&リップ館

    利尻富士温泉保養施設、利尻富士温泉プール湯泳館の隣にあるカルチャーセンターでは、絵画や彫刻などの美術品のほか…鴛泊エリア詳しく見る
  • 富士野園地

    富士野園地

    6月下旬〜7月中旬にかけて花開く、エゾカンゾウの大群落地。駐車場から高台の展望台まで、海に向かって遊歩道が続…鴛泊エリア詳しく見る