長寿の泉水

江戸時代の探検家である間宮林蔵(まみや りんぞう)が利尻島を訪れた際にこの湧き水を飲み、「長寿乃泉水(ちょうじゅのせんすい)」と命名したと言われています。以前は、水が湧き出ている敷地の人が利用していましたが、島民や観光で訪れる人たちにも飲んでもらおうと、一般開放されました。
施設名 長寿の泉水
住所 〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊港町(旅館雪国敷地内)
駐車場 なし
備考 「旅館 雪国」の敷地内にあります。
長寿の泉水

そのほかのニュース

  • ウニ種苗生産センター

    ウニ種苗生産センター

    雑食性であるウニの味は何を食べて育つかが重要!良質で豊富な利尻昆布を食べて育つ利尻のウニは味の評価が高く人気…沓形エリア詳しく見る
  • 利尻島 ファミリー キャンプ場ゆ〜に

    利尻島 ファミリー キャンプ場ゆ〜に

    「利尻富士温泉保養施設」向かいにあるキャンプ場。キャンプ場周辺には、利尻島で最初のヒトの痕跡として石器が発見…鴛泊エリア詳しく見る
  • 沓形岬公園キャンプ場

    沓形岬公園キャンプ場

    利尻島の西側につきだした、利尻町沓形岬公園内にあります。海岸線が近いため、夏のシーズン中はコンブ漁やウニ漁、…沓形エリア詳しく見る