姫沼

姫沼は、標高130mに位置し、周囲約800m、深さ約2mの人造湖です。淡水魚の漁業奨励のため、1917(大正6)年に堤防を建設。利尻山の湧き水をせき止めたことで、当時3つあった小さな沼がひとつになり、ヒメマスを放流したことから「姫沼」と名付けられました。売店(休憩舎)では、利尻や姫沼の景色、花、鳥などの写真や絵葉書、利尻山の湧き水を使ったコーヒーを販売しています。姫沼湖畔にはトイレがないので、事前に駐車場のトイレを使いましょう!
施設名 姫沼
住所 〒097-0101 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊湾内
営業期間 5月〜10月
定休日 11月〜4月は閉鎖します
駐車場 あり
備考 駐車場敷地内に公衆トイレあり。姫沼前に売店あり。
姫沼
姫沼
姫沼

そのほかのニュース

  • 南浜湿原

    南浜湿原

    利尻山を映す「メヌウショロ沼」を含む全長約1kmの遊歩道が整備されており、植物が群生する場所まで行くことがで…鬼脇エリア詳しく見る
  • 神居海岸パーク

    神居海岸パーク

    漁師さんと同じ方法でウニを採る「うに採り体験」、最高級の利尻昆布一本を余すことなく使いお土産として持ち帰るこ…沓形エリア詳しく見る
  • オタトマリ沼

    オタトマリ沼

    島の南東に位置する「オタトマリ沼」は、周囲約1km。利尻島最大の湖沼です。沼の周囲には一部未舗装ではあります…鬼脇エリア詳しく見る