石埼燈臺

「石埼燈臺」がつくられたのは、1943(昭和18)年。太平洋戦争中のことでした。高さ30m、光力70kw。全国にある無人の灯台の中でも、5本の指に入る高さの灯台です。近海を航行する船舶の道標となることはもちろんのこと、北海道本土のサロベツ原野(豊富町)と利尻島の間にある利尻水道(日本海)を漁場とする数多くの漁船にとって、なくてはならない大切な灯台です。灯台の対岸に位置するサロベツ原野から夜の利尻島を見ると、ピカッと光る灯が見えます。
施設名 石埼燈臺(いしざきとうだい)
住所 〒097-0211 北海道利尻郡利尻富士町鬼脇石崎
駐車場 なし
石埼燈臺
石埼燈臺
石埼燈臺

そのほかのニュース

  • 沓形岬ミニビジターセンター

    沓形岬ミニビジターセンター

    沓形岬公園内にあり、シーズンにはチシマフウロやクロユリなどが花開く、夕陽が美しいポイントです。園内の小高い場…沓形エリア詳しく見る
  • ペシ岬

    ペシ岬

    ペシ岬は、鴛泊港にある標高90mほどの巨大な岩山です。別名「灯台山」とも呼ばれ、展望台、会津藩士の墓、鴛泊灯…鴛泊エリア詳しく見る
  • 甘露泉水

    甘露泉水

    「日本名水百選」の湧水「甘露泉水」は、利尻山の鴛泊登山ルート三合目付近にあります。車で訪れる人は、「利尻北麓…鴛泊エリア詳しく見る