北見冨士神社

北見冨士神社の始まりは、享保年間(江戸時代)。沓形港の西の岬に創祀したと伝えられています。北国の富士山とも呼ばれる利尻富士がそびえる利尻島で、北見冨士権現と称し漁場の鎮護として祀られました。島への移民が増え始めた明治26年、現在の場所に社殿ができました。町民が一丸となり参加する例大祭(6月25日)では、特殊神事である「松前登城奴行列」と「四ヶ散米舞神事」が最大の見所。沓形エリアは熱気に包まれます。
施設名 北見富士神社
マップコード 714 362 040*24
住所 〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形字緑町23番地
電話番号 0163-84-2224
北見冨士神社
北見冨士神社
北見冨士神社

そのほかのニュース

  • 時雨音羽 詩碑

    時雨音羽 詩碑

    利尻町名誉町民で、今も多くの人に親しまれている歌謡作詞家 時雨音羽(しぐれおとは)は、1893年、利尻町沓…沓形エリア詳しく見る
  • 甘露泉水

    甘露泉水

    「日本名水百選」の湧水「甘露泉水」は、利尻山の鴛泊登山ルート三合目付近にあります。車で訪れる人は、「利尻北麓…鴛泊エリア詳しく見る
  • 神居海岸パーク

    神居海岸パーク

    日本一新鮮な "うに軍艦″ を作りませんか?もともとは、漁師たちの「しごと場」。今では、訪れる方の「あそび場…沓形エリア詳しく見る