北見富士神社

北見富士神社の始まりは、享保年間(江戸時代)。沓形港の西の岬に創祀したと伝えられています。北国の富士山とも呼ばれる利尻富士がそびえる利尻島で、北見富士権現と称し漁場の鎮護として祀られました。島への移民が増え始めた明治26年、現在の場所に社殿ができました。町民が一丸となり参加する例大祭(6月25日)では、特殊神事である「松前登城奴行列」と「四ヶ散米舞神事」が最大の見所。沓形エリアは熱気に包まれます。
施設名 北見富士神社
住所 〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形字緑町23番地
電話番号 0163-84-2224
北見富士神社
北見富士神社
北見富士神社

そのほかのニュース

  • 鴛泊港フェリーターミナル「海の駅おしどまり」

    鴛泊港フェリーターミナル「海の駅おしどまり」

    鴛泊フェリーターミナルの1階は、利尻富士町観光協会、フェリー受付・発券窓口(出港時間帯以外クローズ)、土産店…鴛泊エリア詳しく見る
  • 石埼燈臺

    石埼燈臺

    「石埼燈臺」がつくられたのは、1943(昭和18)年。太平洋戦争中のことでした。高さ30m、光力70kw。全…鬼脇エリア詳しく見る
  • 夕日ヶ丘展望台

    夕日ヶ丘展望台

    「夕日ヶ丘展望台」は、海側も山側も360度を見渡せる絶景スポット!利尻山、鴛泊市街地、ペシ岬、ポンモシリ島、…鴛泊エリア詳しく見る